フジワーク現場改善活動コンテスト(フジワークQCサークル活動大会)

当社は、フジワーク現場改善活動コンテストを全国で継続的に実施することにより、 ものづくり力の継続改善、製造現場の活性化に取り組むとともに、ものづくりの現場に組織として携わる社員全員の自己成長の機会を創出しています。 現場で活躍する一人一人の「気付く力」「提案する力」「自分の職場を自分で良くする力」がコンテストを通じて磨かれることを目的としています。2020年現在、第12回まで累計782サークルが活動の成果をプレゼンテーションいたしました。

PQCDSMEE

フジワークの全国のマニュファクチュアリング・サービス事業場では、ものづくり職場の第一線で活躍する当社社員が、自主的にPQCDSMEEに関する課題を改善していく小集団活動を推進しています。

フジワーク社内で開催されるQCサークル活動大会は、各事業場で開催される「事業場内大会」、国内の各エリアで開催される「地区大会」、各地区大会で選抜されたチームが本社に集結して開催される「本社大会」で構成されています。

大会では、QCストーリー、QC七つ道具、シックスシグマ、TPM、FMEA、TPS、PDCAなど、全国各地のものづくり職場に適した手法を用いて、日頃の活動内容を当社社員が発表しています。

発表の機会自体が人材育成の場であるとともに、ものづくり職場の第一線で活躍する当社社員の一人ひとりにとって、QCサークル活動大会が、日常の生産活動における自主的な取り組みの励みとなることを意図としています。

「フジワーク現場改善活動コンテスト 行動指針」
信頼を頂き、受託した製造業務を
わたしたちは自律的、
継続的に進化改善し、
PQCDSMEE の各指標において
お客様に貢献します。
ひとりひとりが、活力を存分に発揮し、
素晴らしい現場づくり、
組織づくりに参加する
過程を経ることで、
仕事を通じた人材育成の機会を
充実させてまいります。